ラマナアシュラムへの扉 amritaとラマナアシュラムと柳田先生

amritaとラマナアシュラムと柳田先生

1996年12月、私が初めてラマナアシュラムへ行った時は、ラマナ到来100周年と誕生日を祝う祭、ジャヤンティが開催されている時でした。

.

インドはもちろん、世界中から人が訪れて、普段は静かなアシュラムが賑わっていました。

.

20年前、ラマナ・マハルシはインドと西洋精神世界には良く知られていた存在でしたが、日本では一部の範囲だけで知られているだけでした。

.

当時アシュラムに定住していた柳田ただし先生は日本に師を正しく伝えるべく、精力的に活動され、京都とアルナーチャラを行き来されていました。

.

1996年、私は柳田先生とアシュラムで出会いました。先生からラマナアシュラムの本の翻訳を勧められ、日本ラマナ協会の会報誌に連載することになりました。

.

当時の私は知らなかったのですが、柳田先生は翻訳をする後継者を探されていたそうです。

.

photo:ラマナ誕生祭の祭壇

.

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

amrita

Author:amrita
南インド聖山アルナーチャラ。麓には賢者ラマナ・マハリシのアシュラムがあります。

全ての生き物が区別されず、自由に賢者と会うことができました。アシュラムに定住する人もいれば、時折訪れるだけの人、手紙を書く人もいました。
聖者の広間に座り、賢者と来訪者の会話を聞くことができました。座っているだけで心安らぎ、満たされることもあります。

このサイトは、アシュラムへ通じ、広間の光景が再現されています。

サイト管理者は、ラマナアシュラム発行の本を20年弱翻訳してきました。
その翻訳を通じてラマナ・マハリシと交流を続けています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR