ラマナアシュラムへの扉 アシュラム生活◇57話 予約(2

アシュラム生活◇57話 予約(2

予約(2
私はホールの片隅に座って、ぼんやりアルナーチャラを見ていたことがありました。
そのとき、バガヴァーンはさりげなくこちらを見られます。
帰依者、スーラムマが言いました「何故だかわかりませんが、バガヴァーンがこちらを見ています」
私が立ち上がってバガヴァーンの所まで行くと、彼は届いた詩を私に渡しました。
.
スーラムマが言いました「私たちは、バガヴァーンの行動やお話しを熱心に待つべきであって、こちらが待たせるべきありません。あなたが遠くはなれて座ることは、グルに対して無礼になるのではないですか?」
.
その日以来、私は彼女のやさしい助言を心にとめて、より注意深くなりました。
.
.
数日後、バガヴァーンは猿について話をされているとき、こう言われました「ヴェーダンタの言葉では、ラクシャ・ドリスティ、注意深さは猿のまなざしに例えられる。グルが弟子を見た瞬間に、弟子はその眼差しの意味を理解すべきなのだ。
そうでなければ、弟子は弟子であることの恩恵を引き出せるのだろうか?」
.
これをよい教訓と受け止め、以前にも増して注意深くなりました。
.
.

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

amrita

Author:amrita
南インド聖山アルナーチャラ。麓には賢者ラマナ・マハリシのアシュラムがあります。

全ての生き物が区別されず、自由に賢者と会うことができました。アシュラムに定住する人もいれば、時折訪れるだけの人、手紙を書く人もいました。
聖者の広間に座り、賢者と来訪者の会話を聞くことができました。座っているだけで心安らぎ、満たされることもあります。

このサイトは、アシュラムへ通じ、広間の光景が再現されています。

サイト管理者は、ラマナアシュラム発行の本を20年弱翻訳してきました。
その翻訳を通じてラマナ・マハリシと交流を続けています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR